本当の紹介と偽の紹介!!

結婚相談所への入会を検討されている方は、たくさんのサイトを閲覧して、いいなと思う相談所数社に絞っていくと思いますが、その中でご紹介人数に目がいくことも多いと思います。
「毎月〇名紹介、年間で〇〇名のご紹介」という宣伝文句も相談所を選ぶ基準となっていると思いますが、実はあまり意味のない紹介もあるのです。
言い方は悪いのですが、今回は「本当の紹介」と「偽の紹介」とに区別して説明させていただきます。
本当の紹介というのは、お見合いになる可能性が高い紹介で、偽の紹介はお見合いになる確率が低い紹介となります。
大きく分けて下記の2つのパターンになると思います。
本当の紹介
・自社会員様を担当者の方が紹介
・仲人会で担当者がプロフィールを交換した方を紹介
・コンピュータシステムであなたを「お気に入り」に登録されている方を紹介
偽の紹介
・コンピュータシステムからあなたの希望条件の方を紹介
・データマッチングからの紹介

なぜ紹介が「本当」と「偽」に分かれるのかを上記の項目で説明します。
本当の紹介
自社会員様を担当者の方が紹介
●担当カウンセラーは会員様の希望や性格をよく知っています。自社会員様であれば、どの会員様が今フリーかもわかるので、お互いフリーで条件や性格が合いそうな方をご紹介してくれます。
お互いが同じ担当者だと会員様も安心してお見合いができるので、お見合いにはなりやすいです。
仲人会で担当者がプロフィールを交換した方を紹介
●仲人(担当カウンセラー)が集まり、会員様の希望条件に合う方を探します。仲人会ではお互いの希望に合う方同士のプロフィールを交換しますので、よくこんなやり取りを聞きます。
「この男性空いてる」「空いてますよ」「この女性はどう?」「この男性はもう少し年齢が若い方がいいのよ」「じゃあ、この女性は?」「いいですね」「交換しましょう」
すべてお互いの希望が合う方を交換するは難しいですが、いくつかの譲れない条件や仲人のアピールで交換しますので、交換した方とお見合いになることは多いです。

コンピュータシステムであなたを「お気に入り」に登録されている方を紹介
弊社がメインで使っているIBJシステムでは、相手が会員様のことを「お気に入り」に登録できる機能があります。ただ会員様は誰が自分をお気に入りに登録してくれているかはわかりません。ですので、定期的に担当者がその方々を紹介してくれます。ただ、その方が自社の会員様以外の場合は、今フリーかどうかはわかりませんが、フリーの場合は好意を持ってくれているのでお見合いは成立しやすいです。

偽の紹介

コンピュータシステムからあなたの希望条件の方を紹介
×結婚相談所のほとんどは、どこかのコンピュータシステム(連盟)に加盟しています。コンピュータに会員様の希望条件を入力すると当てはまる異性が沢山表示されます。この表示された方を会員様に紹介で送らせていただいても一方通行の紹介なので、なかなかお見合いに至らないことが多いです。紹介した方がフリーなのか、今やる気があるのか、相手の希望条件に合っているのかがわからないからです。
データマッチングからの紹介
×データマッチングは上記の紹介よりもお見合いになる確率が多少は高くなるかもしれませんが、あくまでコンピュータ上でのマッチングになりますので、この方法もあまり有効な手段ではありません。
内容的には上記の紹介方法とほとんど変わらないと思って下さい。

通常の活動では、ご自分で気になる方にコンピュータからお見合いの申込みをしつつ、担当者からも定期的にあなたを「お気に入り」に登録している方を紹介してもらい、同じ相談所の会員様で条件の合う方がいた場合は個別で紹介してもらうようにしてもらうのがお見合いに繋がる方法だと思います。
もしあなたの担当者が仲人会でのプロフィール交換会に参加されているようなら、交換できたときにはご紹介があると思いますよ。

他のワンポイントアドバイス

  1. プロフィール写真はスタジオで!

サイドバー内容 要確認
PAGE TOP